トップ > ホワイトデー特集 > アンバンジャ

アンバンジャ アンバンジャ アンバンジャ アンバンジャ アンバンジャ
アンバンジャ アンバンジャ アンバンジャ アンバンジャ アンバンジャ
拡大画像

アンバンジャ

Bean to barの一歩先へ踏み出した「アンバンジャ」は
土屋公二シェフのマダガスカルへの思いが詰まった傑作


テオブロマがカカオ豆の発酵、乾燥を指導しているマダガスカル北部の港町「アンバンジャ」の小規模カカオ農家のカカオ豆から生まれた一品が「アンバンジャ」です。
カカオポッド型のオリジナル陶器に入れてお届けします。

「アンバンジャ」は、マダガスカルカカオプロジェクトの一環で収穫した小規模農家のカカオ豆をカカオニブにし、同じカカオ豆から作ったbean to barのビターチョコレートを混ぜ、ココアパウダーをまぶし、カカオ豆のような見た目に仕上げています。

【マダガスカルカカオプロジェクトとは】
テオブロマでは2016年よりJICA(国際協力機構)協力のもと、マダガスカル・アンバンジャ地域の低所得農民への援助を行っています。
現地の小規模農家に、より良いカカオを作っていただき、生活レベルを向上させようという活動です。
毎年、土屋公二シェフやスタッフが赴き、カカオ豆の発酵指導や買い付けをしています。

【ビーントゥバーとは/チョコレートができるまで】
その名の通り、ビーン(カカオ豆)からバー(板チョコ)になるまでの工程をすべて一社製造したチョコレートのことです。
カカオポッド(カカオの実)を収穫すると、中には「パルプ」と呼ばれる白い果肉が詰まっており、その中にカカオ豆が隠れています。
まずはカカオ豆を発酵させ、発酵が終わったら乾燥させて水分量を調節します。これをローストして砕き、カカオニブができあがります。
カカオニブをすりつぶしてペースト状にし、練り上げたらチョコレート状に。
テンパリングをとって成形し、熟成させたものが板チョコレートになります。

ここ数年で広く知られるようになった「ビーントゥバーチョコレート」は発酵、乾燥後の豆を輸入して作っているものが一般的ですが、マダガスカルカカオプロジェクトでは、カカオ産地での農法や発酵技術の指導から行っています。

箱のサイズ:縦9.4cm×横18.4cm×高さ6.5cm
内容量:60g
賞味期限:製造から300日
 
価格 : 2,916円(税込)
ポイント : 29
数量
 

8,640円以上のお買上げで送料無料!

かごに入れる

手提げ袋について
送付先入力画面下部にて手提げ袋の「要・不要」をお選びください。「要」をお選びいただくと1商品に1枚手提げ袋をお付けします。
 

のしについて
のしはすべて「帯のし」となります。 送付先入力画面の下部の「のし」欄にのしの種別(御祝・御見舞・快気祝・寿・出産内祝・結婚内祝・御歳暮・御年賀)、記名をご希望であればお名前をお書きください。
商品のサイズ、包装形態によりご希望に添えない場合がございます。小サイズの商品に関しましては記名いただけません。
 

ラッピングについて
当店では写真のパッケージが最終ラッピングとなっております。それ以上のラッピングは承っておりません。  

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ